おもしろい英語表現

日本人には思いつきにくい英語の慣用表現を取り上げていきます。少しでも覚えて、使って、より生き生きとした英語の使い手になりましょう!

on cloud nine 9番目の雲の上に→最高に幸せだ

意味:幸福の絶頂である、喜びに酔いしれている

 

<例>

Her parents have been on cloud nine since they heard the news of their daughter's success. 

(娘が成功したという知らせを受けけてから、両親は大喜びしている。) 

 

以前「in the seventh heaven 第七の天国で→この上なく喜んで」という表現を取り上げましたが、この「on clound nine」もほぼ同じ意味ととらえて問題ないでしょう。

 

起源としては、かつてアメリカの気象庁が雲の種類を9つに分類した、ということが最も有力な説となっています。

 

この分類法で低いところに発生する雲から順番に数えて9番目、すなわち「最も高いところにある雲」を用いて「喜びの頂点」を表すようになった、というものです。

 

なお「in the seventh heaven」には定冠詞 the が用いられるのに対し、「on cloud nine」では冠詞が使われないのが通常の使い方のようです。