おもしろい英語表現

日本人には思いつきにくい英語の慣用表現を取り上げていきます。少しでも覚えて、使って、より生き生きとした英語の使い手になりましょう!

pay through the nose 鼻を通して支払う→多額の金を払う

   

意味:法外な金額をふっかけられる、多額の金を払う

<例>
I don’t recommend you to go to that bar. I’m sure you will pay through the nose.
(あのバーは行かないほうがいい。きっと大金を払うはめになるよ。)


牛の鼻に金具をつけ引っ張ったことから、16世紀のイギリスでは「lead by the nose」という表現が「強制する、無理やり動かす」という意味で使われるようになりました。

今日の表現は、この「lead by the nose」から派生してできた表現という説があります。

他にも、古代ギリシャで、税金が未納であった場合に鼻を切り落とすという刑罰が科せられていたことが、今日の表現の起源だ、とする説もあるようです。

いずれにせよ、本人の意思にかかわらず無理やりお金を払わされる様子を表すものです。

しかしながら最近では、単に「多額の金を払う」という意味で使われることもあり、「無理やり」「仕方なしに」というニュアンスが含まれない場合もあるようです。